バイクを購入する際に必要なものとは

バイクを購入する時に必要なものと言ったら何をお考えでしょうか?まず一番重要なものと言ったら書類関係ですよね。

だいたいどこのバイク屋さんでも必要書類のリストを置いていますが、とりあえずここでもおさらいをしてみましょう。

まず、原付バイクと小型二輪では必要書類が違います。

原付バイクの場合、印鑑と免許証のみで大丈夫です。

印鑑は簡単な認印でも問題ありませんし、免許取得中の方でも購入のみでしたら可能です。

購入後は免許取得が完了するまでお店が預かります。

住民票が県外でもまったく問題なく購入可能なのが原付バイクです。

小型二輪はどんなものかといいますと、印鑑、住民票、そして県内在住を証明する物の三つとなります。

印鑑は原付バイクと同じで簡単な認印でもOKです。

そして県内在住の証明ですが、県内に住民票がある方は不要となります。

小型二輪も免許取得中にバイクの購入は可能です。

他に必要なものと言ったら保険の契約ですよね。

任意保険の契約をする場合、印鑑、初回保険料、そして400CC以上のバイクを購入の際のみ車検証が必要となります。

ここまででご紹介させていただいたのは手続き関係でバイクを購入する際に必要なものです。

しかし、実際買うとなると他にも必要なものがあります。

例えばバイクの基礎知識や信頼できるお店です。

バイクの基礎知識がなければどのようなバイクを買ったらいいかわかりません。

どれくらいの排気量のバイクがほしいのかや、どういうタイプのバイクがほしいのかなどのバイク選びもまたバイクを購入する上で重要な要素になってくるでしょう。

【バイク買取の知識の館】http://acornheroes.com/