自動車重量税とは?

自動車やバイクを運転するにあたって、税金との関係は切ろうとしても切ることのできない運命共同体のようなものですね。

様々な税金の中で、自動車重量税とはどのようなものかご存知でしょうか。

あまり詳しく知っている人は多くはいないと思います。

そこで今回はバイクの自動車重量税についてご説明させていただきます。

自動車の重量税は国と市町村の道路財源として課せられる税です。

簡単に言うと道路の修復工事や高速道路作成などに使われる費用がこの自動車重量税から捻出されているということです。

それでは次にどのように税金の金額が分かれているかというと、軽二輪自動車、126CCから250CCまでは新車登録時の一回だけかかり、小型二輪自動車、250CC以上のものは車検ごとにかかるという設定になっています。

今回は250CCのバイクを購入した際の重量税についてお話させていただきます。

※(参考)【排気量別】バイクの維持費【年間】50cc、125cc、250cc、400cc、原付二種、大型二輪

まず、250CCのバイクの場合は、まだ計二輪自動車の部類に入るため、税金は少なめになります。

年々この税金の額が上がっていますが、今のところ新車購入時に6300円を払うだけとなっております。

ちなみに251CC以上は5000円を車検のたびに支払います。

なぜかはわかりませんが、中古車で軽二輪車を購入した場合、重量税はかかりません。

ですからコスト的な面を考えると、なるべく新車に近い軽二輪車の中古を買うのが一番無駄な出費を抑えて長く乗れるコツだと思います。

是非一度中古車に行って見てみてはいかがでしょうか。