千葉の通夜や葬儀で挨拶をするときのポイント

千葉で葬儀を執り行う際、喪主は要所要所で挨拶が必要となります。

葬儀はいつどんなタイミングで訪れるかわからないため、事前に挨拶のポイントを抑えて有事に備えましょう。

◆千葉で通夜の挨拶をするときのポイント

通夜は本来であれば改まった式ではないという考えから、挨拶をしないケースがほとんどでした。

しかし近年は、通夜に弔問客が増えた影響で、通夜に挨拶をする人が増えてきています。

通夜の挨拶は簡潔に短く行うのがポイントです。

挨拶の内容は弔問のお礼と香典や供花、供物をいただいたことへの感謝の気持ちをまとめましょう。

故人が長く病気を患っていた場合は、お見舞いへの謝意を付け加えてもいいですね。

◆千葉で葬儀・告別式をするときの挨拶のポイント

まずいちばんは、忙しいなか会葬に来ていただいた弔問客へお礼を述べます。

時間があるようなら故人の人柄や思い出、差し支えなければ亡くなったときの状況も簡潔に報告できるといいでしょう。

最後に遺族や親族に対する支援をお願いして結びの言葉とします。

◆そのほかに必要な挨拶

喪主が挨拶をする場面として、ほかにも通夜振る舞いの開始や葬儀後の会食、乾杯のときなどに挨拶が必要になります。

公にはなりませんが、僧侶やお手伝いの方、近所の方への挨拶も忘れてはいけません。

葬儀前は準備することが多く、挨拶の内容にまで手が回らないものです。

葬儀関連の挨拶は挨拶例文などを事前にチェックし、将来の葬儀のために備えておきましょう。