軽二輪自動車の増税

世間では今軽自動車税が増税になるという話題でにぎわっております。

さて、今まで車の税金について深くお考えになったことはありますでしょうか。

すでに車をお持ちの方は税金がどれだけお財布にダメージになるのかは身をもって経験しているため色々とお分かりいただいているかと思います。

それでは今まで持っていなくて購入予定の方はどうでしょうか?購入予定でない方からしたらどうでもいい話でしょうが、これから購入されたい方はなんのこっちゃわからない状態でしょう。

そこで本日はその自動車税と増税について簡単にご紹介させていただきます。

政界では先日、軽自動車税の増税が確定し、2015年4月から二輪自動車は1.5倍の増税になります。

詳しい増税額は以下の通りです。

50CC以下は1000円から2000円。

51CCから90CCは1200円から2000円。

91CCから125CCは1600円から2400円。

そして126CCから250CCは2400円から3600円となります。

90CC以下のバイクは1.5倍以上の値上げとなりだいぶお財布にダメージが大きくなります。

なぜこのような増税の自体になってしまったのかというと、来年から始まる消費税のアップに伴い、新車の販売数が減ってしまうのを懸念し、新車を購入した時にかかる自動車取得税と消費税の二重取りをやめたことが原因と言われている。

しかしこの二重取りをやめて別のところから取ったとしたら本末転倒ではないだろうか。

自動車税について皆さんも一度じっくりと考えてみてください。