軽自動車税の滞納

軽自動車税を毎年支払うというのは知っていますか?ほとんどの乗り物には自動車税がかかり、小さな軽二輪自動車でも軽自動車税という税金がかかります。

そしてこれは毎年4月1日から5月31日までの2ヶ月間の間に支払う必要があります。

税金というものは自分で支払いに行くものです。

お金がない場合は当然支払えません。

もし5月31日を過ぎて支払いに行ってしまった場合、どうなるのでしょうか。

それは簡単です。

延滞してしまった場合はどこの業界でも同じで金利が発生します。

期限どおりにお金を払わない人に罰が下るのは当然ですね。

軽自動車税の場合、バイクの所有者が支払うことになっています。

延滞してしまった場合、一刻も早く軽自動車税を収めたいでしょうが、延滞というシチュエーションに陥ってしまった場合はコンビニなどから支払うことはできません。

したがって、納付書に記載された金融機関や市役所の窓口から支払うことになります。

そして、延滞があまりにも長いと財産やバイクなどが差し押さえになりますのでご注意ください。

延滞した際の金利についてですが、支払い期限の1ヶ月以内に提出できた場合、年間7.3%分の延長料金がかかります。

支払い期限の一ヶ月以降だった場合、年間14.6%分の延長料金が発生してしまいます。

ですから、例えば250CCのバイクの軽自動車税が1年間で2400円だった場合、1年滞納すると約350円多く支払う必要があります。

もし三年延滞してしまった場合、1050円の延滞料金がかかります。